2017年12月31日日曜日

あたしが愛した全てのものに

昨日、約束の時間に少し遅れつつ、急いで目的地に向かう途中で、左手首にしていたブレスレットが見事に切れました。
美しい石がバラバラと音を立てて道路に転がり、ああああああと心の中で叫びました。
このブレスレットは、今年の8月に人からいただいて以来、私にとってずっと明晰な理性の象徴でした。
激情に駆られてすべてを衝動的にぶっ壊そうとするたびに、何度もこのブレスレットに「短気は損気やで」と言われてきました。
(なぜ関西弁なのか、とかそういうことは気にしない)

このところ、ネイルをブルーやグリーンのスモーキーカラーにしていたのも、このブレスレットとの調和を考えてのことでした。
決して派手ではないけれど、美しく輝く水色の石たちは、どんな時も私の心を落ち着かせてくれました。

新年まであと2日というこのタイミングで切れるなんて、やるなあという感じですが、もう石の助けを借りなくても、冷静でいられるということなのでしょうか。
今年、急激にスピスピしてきたブログの内容が、最後までスピった内容になりましたが、来年もこれまでと同じように、泣いたり笑ったりしながら日々を過ごしていきたいと思っています。
何より、それが一番の贅沢だということに気づいた年でもありました。


あたしが愛した全てのものに どうか不幸が訪れませんように
(『鉄壁』女王蜂)

0 件のコメント:

コメントを投稿