2017年10月2日月曜日

無料と有料の違いってどこにあるの?

最近、話題がスピリチュアルばかりなので、これはいかん!ということで、今日はビジネスの話をしたいと思います(笑)

私は時々、Twitterで無料のカードリーディングを募集するのですが、

「無料と有料では、やっぱり引く時の気持ちが違うんですか?」

というお問い合わせをいただきました。

そのご質問には個別にお答えしたのですが、他にも疑問に思っていらっしゃる方がいるかもしれない(きっといるだろう)と思い、ここでもご説明してみたいと思います。

まず、無料と有料の一番の違いは、引くカードの枚数です。
これは、そもそもの目的と関わってくるのですが、基本的に私は以下の2つの目的で無料モニターを募集しています。

1.リーディング件数を増やすため
2.有料セッションへの誘導(営業)

1は言うまでもないですね。
フリーの占い師である私は、固定のセッションルームを持っていません。
昼間の仕事(本業)の合間に、フリーで活動するだけでは圧倒的にセッション数が足りません。
本業で多くの生徒面談・保護者面談をこなしてきた経験から、「数をこなすことの大切さ」については誰よりも痛感しています。
一般的には、自分の周囲にいる友人知人を占うことで経験値を上げていくようですが、私はどうやら自分の性格に問題があるのか(笑)「占いをやってます」と言っても、知り合いから依頼を受けることはほとんどありません(爆)
よってモニターの方には、私の経験値を増やすために「ご協力いただいている」形になります。
ただし、無料ということで、引くカードの枚数や募集時間などに、一定の制限はかけさせていただいています。
こちらの実験的な企画におつき合いいただくこともあります。
それらは最初の段階で告知した上で、同意していただける方だけにお申し込みいただいています。

2もまた言うまでもないですね。
私の勤務している予備校でも、新年度生募集の時期には、体験授業(無料)を行っています。
数多くの同業他社がある中で、最初のハードルを下げて「お試し」で授業を受けてもらい、入学するかどうか決めてもらうというのは、どこの予備校でも使っている手法です。
実際に、無料リーディングからセッションのお申し込みをいただくことは非常に多いです。
有料の場合は、日時は相手の方のご都合に合わせますし、ご質問に対して回答が出るまでカードを引くので、より深いリーディングをさせていただいています。

だからと言って、無料だから手を抜いているということはありません。
リーディングの質ではなくサービスの質で、無料もしくは有料に分けさせていただいています。
以前、1日だけのゲリラ鑑定をやったことがありますが、あれは私の都合に合わせて来てもらうという形を取ったので、通常のセッションよりも安価にご提供させていただきました。
当たり前のことですが、相手の方の都合に合わせれば合わせるほどサービスとしては高額になり、運営側の都合を通せば通すほど料金は安くなります。
ただし、提供するサービスの質に違いはありません。(時間の長さは違いますが)

フリーの占い師として副業で活動していく上で、本業での経験は非常に役に立っています。
教育サービス業というのは、ここには書けないようなビックリする話の連続で、特に私が勤務している予備校は分野が特異で、授業料が高額なこともあり、色々なお客様がいらっしゃいますし、毎日がミラクルです(笑)
本業でも常に新しい企画を考えながら実行しているので、それを副業にも活かしつつこれからもやっていきたいと考えています。

個人的に占いというのは、口コミやSNSでじわじわと広がりながら、ひっそりやっていくのが理想的だと思っています。
なので、自分自身の見せ方や告知の仕方で、ある程度どういうクライアント様に来てほしいかをコントロールしつつ、サービスの質を落とさずに一定のペースでやっていけたらいいなと今のところは思っています。


✿カードセッションのご案内はコチラから✿
http://suzumuramichie.blogspot.jp/2016/08/blog-post_11.html


✿ビジネスコーチング&メンタルカウンセリングのご案内はコチラから✿
http://suzumuramichie.blogspot.jp/2016/08/blog-post.html

0 件のコメント:

コメントを投稿