2016年12月21日水曜日

Bill Clinton's 'The Final Days'

前回のブログで書いた「ビル・クリントンの可笑しな映像」について、非常に知的かつ聡明な友人がその動画を探し出してくれました。
なんとCMではなく、ホワイトハウスの記者晩餐会で放映されたジョークビデオでした。

https://www.youtube.com/watch?v=PbbUYhyoWz8

わざわざ晩餐会の余興(?)のために、こういうビデオを作っちゃうところが、何と言うか、アメリカの余裕ですよねえ。

私が覚えていた「仕事に出かけるヒラリーをビルがお弁当を持って追いかける」シーンはほんの一瞬、2:10ぐらいのところに出てきます。
たったこれだけ?という感じですが、実はこの頃、私には専業主夫のパートナーがいました。
1度、本当にお弁当を忘れて家を出た時、彼が「クリントンかよ!」と笑いながら、走って私を追いかけてきたことがありました。
そのこともあって、余計に印象深かったのかもしれません。
今見ると、アイスクリームの自動販売機に何度お札を入れても戻ってきちゃうシーンが好きですね。
人生のペーソスのようなものを感じます。(その後の展開も含めて)


さて、このところ本当にブログを書く機会が減ったなあ、と思います。
以前は毎日のように更新していたことがあったなんて嘘のようです。
このブログにしても、週1ペースで更新しようと思っていたのに、月に1度がやっとという感じです。
更新しなくなったひとつの理由として、FacebookやTwitterでそれなりに自分の考えを発信していることがあります。
ブログではきちんと筋の通ったそれなりに長い物を書きたいと思っていると、どんどん更新が滞っていきます。
前はもっと気軽に、思ったことをそのまま書き散らしていたのだと思います。
これからは以前のように、もっと気軽に文章をアップしてみてもいいのかもしれません。(誰が読むんだというのはさておき)

このブログでは、過去の自分が「こういう物が読みたかった」と思うような文章を書きたいと考えています。
働く女性のために書かれた文章は世の中にたくさんあるし、色んな女性から色んな話を聞くことができますが、真剣に働くようになってみると、それまでの私が知らなかったことは本当に山ほどありました。
女性が働くことに関するありふれた言説は巷に溢れているのに、本当に知りたかったこと、知っておけば助かったのになあ、と思うようなことは、全然世の中に流通していないということに気づきました。

例えば、「他人を変えたければまず自分が変わりましょう」とか、世の中に散々溢れかえっている標語の一つだと思うのですが(そしてそれを私自身も否定しませんが)、「職場でイヤガラセをされたらどうするか」について書かれた物ってあんまり(というかほとんど)ないですよね。
だけど、自分にイヤガラセをしてくる人こそが「変えたい他人」だったりするのです。
そういう時に「まず自分が変わりましょう」とか、そういう悠長なこと言ってる場合じゃないんですよ。
だって、「今そこにある危機」なんですから。
イヤガラセをされているのは自分なんです。
それでも明日、職場に行く義務があるんです。
行かないという選択は義務を放棄することになるので、行かない場合は戦略を立てなければいけないんです。

私はこういう「他人を変えたければまず自分が変われ」的な世に流通している言葉を、「クソの役にも立たない自己啓発スピもどき(お下品な表現で失礼します)」として、見かけるたびに蔑みの眼差しで見つめることにしています。
こういう自己啓発スピもどき(長い)って、言ってる本人は気持ちがいいし、聞いてる方もなんかわかったような気になるし、ある意味で世の中にゆる~い循環を作り出しているんでしょうけど。

具体的には全然役に立たないもんね。

もう1度繰り返しますが、「まず自分が変われ」ということの意味は私にも理解できます。
思考のフレームを変えることによって、物の見方が変われば、自分の言動が変わるし、コミュニケーションは双方向なので、自分が変われば、当然相手のリアクションも変わります。
でも、苦しみの渦中にある人にとって重要なのは、「どうすれば思考のフレームを変えられるか」なんですよね。
決して耳当たりのいい自己啓発もどきの言葉ではない。

そして、現実に苦しんでいる時に、思考のフレームを変えようとするのは、ものすごく難しいです。
ただでさえ余裕のない時に、これまで自分が慣れ親しんできた考え方を変えるなんてほとんど無理だし、そんなことができるなら、とっくに実践してこの状況を切り抜けているでしょう。
そういう時、私はまず行動に移すことにしています。
ただし、その行動は戦略的なビジョンに基づいたものでなければなりません。
職場で目立ち始めた時にイヤガラセをされた私が、まず顧客の信頼を勝ち取って徐々に影響力を拡げていったように。

『叩き上げの人 a self-made man』
http://suzumuramichie.blogspot.jp/2016/08/sale-made-man.html


✿ビジネスコーチング&メンタルカウンセリングのご案内はコチラから✿
http://suzumuramichie.blogspot.jp/2016/08/blog-post.html


✿カードセッションのご案内はコチラから✿
http://suzumuramichie.blogspot.jp/2016/08/blog-post_11.html

0 件のコメント:

コメントを投稿