2016年9月12日月曜日

スーパーウーマンはいかにして誕生するのか

時々ですが、職場でコピー機を詰まらせて困っている人を見かけて、紙詰まりを直すことがあります。
そのたびに、他のスタッフが「偉い方にそんな仕事はさせられません!」とばかりに飛んできます。
でも、そのたびに思うのです。


この職場で、紙詰まりを直すのが一番早いのは私じゃないか?笑


ついでに言うなら、お茶を淹れるのが一番上手いのも私かもしれないし、かかってきた電話を一番スムーズに取って回せるのも私かも。
なぜなら、いわゆる「雑用係」から認められて、徐々に仕事を任されるようになったので、誰よりも雑用をさばけるのはある意味、当然なんですよね。

様々な仕事を任せられるようになると、人に仕事を頼む必要が出てきます。
これまでは高速のスピードで、自分1人で気持ちよく回していた仕事を、他の人に振らなければなりません。
そうすると、頼んだ仕事に恐ろしいぐらいたくさんの不備が目につくのです。


ど、どうして、こんなこともできないんだ…!


何度そう言いかけた言葉を飲み込んだかわかりません。
でも、管理職になったら人に仕事を振りなさい、部下を信頼して仕事を任せるのが良いリーダー、それでこそチームの生産性が上がる、みたいなことを繰り返し言われるのです。


でも、できないんですよね。
他人への要求レベルが高すぎて。


組織においては、とてもよくある話だと思います。
同時に、私は女性であるがゆえに、さらに困難な状況になっていることに気づきました。
これまでの私は、あらゆる業務を完璧にやろうとすることによって、次のチャンスをつかんできました。
黙っていてもチャンスが与えられる男性とは違って、女性である私が組織の中でチャンスをつかむには、日頃から信頼を積み重ねてチャンスが回ってきた時に自分から手を挙げ、指名してもらわなければなりません。
だから、どんな雑用であっても(というかそもそも私には「雑用」という概念がないのですが)工夫しつつ改善して、仕事のひとつひとつに頭を使って考えて、常に周囲が仕事しやすいようにと心を配ってきました。
それを他人に任せなさい、少しぐらいの不備には目をつぶりなさい、もっと相手を信じて任せなさい、そうしなければ人は伸びませんよ、と急に言われてもできません。
そこに私のアイデンティティがあるからです。

この問題に関しては、私の中でまだはっきりとした結論が出ていません。
ひとつ言えることは、どうしてもやりたい仕事が出てくれば、これまでやっていた仕事を他の人に振らざるを得ないということです。
果たしてそれが相手への信頼につながり、チームとして機能するまでに至るのか。
私にとってのチャレンジは続きます。

仕事ができる女性って、何でもできるスーパーウーマン(畏怖)になりがちなんですけど、それもむべなるかなって感じです。


✿ビジネスコーチング&メンタルカウンセリングのご案内はコチラから✿
http://suzumuramichie.blogspot.jp/2016/08/blog-post.html


✿カードセッションのご案内はコチラから✿
http://suzumuramichie.blogspot.jp/2016/08/blog-post_11.html